アニメ「ドラゴンボール超」の第124話の感想について

アニメ「ドラゴンボール超」の第124話の感想について書きたいと思います。孫悟飯が犠牲になったというところは、意外な展開でした。これで、孫悟飯の進化の覚醒は見る事ができませんでした。孫悟飯の身勝手の極意も見たかったなと思います。しかし、ゴールデンフリーザーの封じ込め作戦は面白かったです。フリーザーの裏切り作戦は失敗に終わりましたが、失敗しようが成功しようが、いずれにしてもジレンにはかなわないので、結果的には同じ事だと思います。ベジータのファイナルフラッシュのクオリティが下がったなと思いました。次はトッポ戦ですか。だいたい、ジレンと戦うのは孫悟飯+ベジータになるということろが王道だと思うので、トッポと戦うのはフリーザーと17号という事になるでしょう。トッポは、ウサギの敵よりかは強そうな感じがするので、一筋縄ではいかないでしょう。孫悟飯とベジータが合体して、ベジットの身勝手の極意版を見てみたいですね。自動契約機 モビット

寝落ちには気をつけるようにしてるけどやはりやってしまう

寝落ちしてしまう癖が出てきているので気をつけるようにしてるのですが、うまくそれができていないので本当にアカン事になっています。寝落ちといってもお風呂入って夕飯を食べた後であるのでまだ良いのですが、歯ブラシをするのを忘れてしまう事があるので気をつけないといけないです。

部屋にいるとリラックスしすぎてしまい寝転がっているといつしか寝ていて起きたら夜中という事が多くなってきていて再び寝ようとすると寝つきが悪くなってしまう事があるので体内時計のリズムを正常に戻したい所であります。寝転がってしまうのをやめればなんとなりそうですが、果たしてうまくこの癖を直していけるかどうかが心配であります。とりあえずは寝落ちしないようにできるだけ寝転がってゴロゴロしないように心がけたいと思っています。

11月になって秋らしい季節となっていてこれから冬になっていく感じではありますが寒暖差があったりするので体調にはくれぐれも気をつけましょう。金利が安いキャッシング