最下位チームヤクルトのホームグラウンドが観客増

プロ野球セリーグのヤクルトはようやく連敗を先日ストップしましたが,相変わらず最下位を低迷しています。
ただ興味深い記事がネットに出ていて,ヤクルトのホームグラウンドである神宮球場の観客動員数の伸びがセリーグのトップだそうです。
最下位を低迷していれば観客が減って当然ですが,不思議な現象ですね。
記事には東京には東京ドームと神宮というふたつの球団ホームグラウンドがありますが,東京ドームは巨人ファン一色というムードがあり相手の応援する東京やビジターのファンは肩身が狭いのですが,神宮球場ではヤクルトファンが熱狂的というかおおらかでビジターファンが応援しやすいムードがあるからではと書いてあります。
要するに相手チームのファンが多く来場するため,観客数が伸びているのではという推論です。
長年のヤクルトファンの自分としては納得出来る記事でした。
ヤクルトファンは元々強いから応援するのではなく,根本的に弱いから応援してきたのです。
勝利に慣れているわけでないのですから,他チームファンにも寛容になれるのでしょう。